QRコード
QRCODE
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 0人
新潟ブログポータル!LogPort
新潟ブログポータル!LogPort

2013年01月28日

ノニジュースの歴史

ノニジュースの名前で知られていて、それはノーニですが、これは正式名称ではありません。」
ノーニはタヒチからの植物"モリンダシトリフォリア"です。日本では、それは、ノニと呼ばれて、アカネの部に属します。
タヒチの原産の植物が、スポットのポリネシア言語は古代からの「ノーニ」という言葉でとても好きでした。原産地は亜熱帯の広い地域で熱帯からワイルドになります、中国や、インドや、ハワイや、沖縄などのように、タヒチを含んでいるだけではなく、ポリネシア島を含んでいます; ノニジュースはブームになりました、そして、毛皮の問題は沖縄に一時起こりました。そして、ノニジュースがノーニの果実で造られましたが、それが樹皮、根などには高い薬草効果があったことに注意する自然薬品として広く使用された、何、2000年以上前に歴史はそうです! それは完全に中国の漢方薬であるように思えます。ポリネシアンの移動は当然ですが、また、強いpropagativeパワーには初めに世界で広げられたポリネシア島に居住したそのノーニがいます。種子は、島から島に水の上に浮いて、流れて、到着します、そして、それがそこでワイルドになるようになると言われています; それは、神がただ与えた神秘的な薬です。1800年代から、それは衣服の染められた商品の材料としても中古であるか、または単にどんな薬草として食用でないことも来ました。英雄がノーニのおかげで蘇らせる多くの会談が、ポリネシアの伝統に現れると言われている、それは、今、改良されて、ノニジュースとして周囲で広く広まりました。


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。